TOP  >  学位論文  >  見え特徴と荷重バランス特徴を用いた冷蔵庫における食材管理手法の提案

見え特徴と荷重バランス特徴を用いた冷蔵庫における食材管理手法の提案

本研究では,一般家庭における冷蔵庫内の食材を自動で管理することを目標とし, その手法を提案する. 本手法では,システムが自動で食材管理を行うために, 冷蔵庫への食材の出入りを常に監視するという方法をとる. まず,冷蔵庫に食材が入れられたときは, システムはその食材の画像と重さとそのときの時刻を在庫管理リストに登録する。 そして,冷蔵庫から食材が出されたときは, システムはその食材が在庫管理リストの中のどの食材なのかを同定し、 その食材を在庫リストから削除する. このようにして,冷蔵庫に入っている食材の情報を正しく管理することができる. しかし,冷蔵庫には様々な種類の食材が様々な入れられ方をするため, そのような環境で食材同定を行うのは容易ではない. 本手法では,食材同定を行うために 食材の見えを反映している見え特徴 (Appearance Feature) と 食材の重さと位置を反映している荷重バランス特徴 (Load Balance Feature) の 二つの特徴を組み合わせて用いる. 実験では,冷蔵庫において二十個の食材を出し入れし、提案手法によって食材の同定を行った. その結果,全ての食材を同定することができた.