内容梗概
[English | 論文 | 美濃研の研究 | 美濃研究室 ]


パケットパスダイバーシティを利用した 高信頼のメディアストリーミング


損失の多いネットワーク上でメディアストリーミングを行うと,乱れや途切れが生じる.本論文では特に遅延の増加を抑えて信頼性を向上するために,パケットパスダイバーシティ(Packet Path Diversity) と冗長符号化を組合せる手法を提案する.

インターネットの広帯域化とともにマルチメディアコミュニケーションが様々な形で実現されるようになってきた.マルチメディアコミュニケーションでは大きな帯域が必要とされるが,現在のインターネットでは,帯域を確保して品質を保証するといった技術はまだ発展途上にあり,乱れや途切れのような障害を避けられない.一方,双方の教室でインタラクションを行うようなアプリケーションの場合は,遅延時間が問題となる.遅延時間が一定以上短くないと,利用者は円滑にコミュニケーションできない.

現状のインターネットにおいて,そのような乱れや途切れを抑制する手法はいくつか考えられるが,大きな遅延が許容できないアプリケーションでは,バッファリングと再送は現実的ではない.本論文では,冗長符号化とPacket Path Diversity という遅延の増加を抑えつつ信頼性を向上する手法に着目し,効果的な手法を提案する.

従来から冗長符号化とPacket Path Diversity を組合せる研究はあったが,本論文では新たにフィードバックの枠組みを取り入れ,パラメータを調節できるようにした.さらにこれまで活用されてこなかった単方向経路もできるようにした.この手法により,ネットワーク帯域の減少やバーストロスの多発などがストリーム伝送中に生じたときでも,品質低下を防ぐ.

本論文では,提案する手法を用いたシステムの設計を行い,実運用に利用できるシステムの実装を行った.そして,本手法の有効性を検証するための実証実験を行い,その結果,本手法の有効性が確認された.


学位論文のページに戻る