内容梗概
[English | 論文 | 美濃研の研究 | 美濃研究室 ]


バーチャルスタジオにおける演者と仮想物体のインタラクションのための適応的レジストレーション


本研究では、バーチャルスタジオにおいて、演者が仮想物体を現実物体と同じように見たり操作ができて、その際の操作誤差や表示誤差を適応的に補正できるシステムの構築を目指す。

バーチャルスタジオによる撮影は、スタジオカメラによって撮影された画像と CGなどによって作成された仮想物体画像とを合成して視聴者に提示することを目的とする。しかし、撮影時に演者が仮想物体を自分の視点から見ることや操作することが出来ない。この問題に対しては、拡張現実感で行なわれているように、小型の単眼視による透過型ウェアラブルディスプレイを用いて、演者の視点位置と視線方向に合わせた、奥行き感を伴った仮想物体を表示することで仮想物体を見えない問題に対処できる。また小型である事から演者の視線や表情を視聴者が認識することを妨げない。また、仮想物体の操作には指示棒の先端に3次元位置センサをつけ、その位置を取得することで、仮想物体を操作できない問題に対処できる。

上記のような拡張現実感を実現するには、仮想物体の位置や形状に関するレジストレーションが必要になる。演者が仮想物体を正しく操作できるまで、レジストレーション誤差を小さくしようとしても、操作する対象や操作内容によって目的の精度が変化するので、予め精度を決める事ができないという問題がある。よって、本研究では、演者が演技を行なう中で、適応的にその誤差を補正していくことでその問題に対処する。バーチャルスタジオにおける演者の動作は動作内容が決まっているので、このことを用い、対象物体を正しく指示できるようにレジストレーション誤差を対象物体の大きさに適応して修正する手法を実現し、その効果を実験で確認する。


学位論文のページに戻る