内容梗概
[English | 論文 | 美濃研の研究 | 美濃研究室 ]


バーチャルスタジオにおける現実物体を用いた仮想物体のポインティング


本研究では、バーチャルスタジオにおいて、演者が仮想物体を現実物体と同じように見たり操作したりできるシステムの実現を目指す。

バーチャルスタジオシステムを用いて撮影を行うと、視聴者にはCGなどにより作成した仮想物体が現実世界に融合した形で現実物体と区別なく提示されるが、演者は仮想物体を自分の視点から見たり、直接操作したりすることが出来ない。

これらの問題の解決法として演者に透過型HMDなどの表示装置を装着させると、演者にも仮想物体を現実世界と融合した形で提示できるが、表示装置により演者の表情や視線が撮影できなくなる。操作に関しても、演者が仮想物体を現実物体と区別無く操作できるためには、システム固有の対話デバイスではなく、自分の手などの現実物体を用いて操作できる必要があるが、これを位置センサだけを用いて実現しようとすると、全ての現実物体にセンサを設置する必要があり現実的でない。一方、カメラの映像に対する画像処理だけで、演者の操作を認識するのも難しい。

そこで本研究では、従来のHMDに比べて小型の単眼視による透過型ウェアラブルディスプレイを用い、演者の視線や表情の撮影を妨げないと同時に、演者の視点位置や視線方向に合わせて透視投影法を用いて仮想物体を表示する事により、透視ひずみと動体視差による奥行き感を伴った仮想物体を演者に提示する処理を実現した。また、操作に関しては、演者の手首に1つだけ位置センサを設置し、ここから得られるデータに、カメラで撮影した映像に画像処理を施した結果を併用することにより、演者の用いる任意の現実物体による仮想物体操作を実現した。以上の手法をバーチャルスタジオシステム上に実装し、その有効性を実験により示した。


学位論文のページに戻る