内容梗概
[English | 論文 | 美濃研の研究 | 美濃研究室 ]


階層化マルチキャストにおける受信者間の協調による複数ストリームの帯域制御方式


IPネットワークの広帯域化により、データ量が大きい映像ストリームをIP ネットワークで伝送することが可能となった。そのため、IPネットワーク経由でのストリームの受信者が増加している。また、提供されるストリームの数も増加している。

IPネットワークでは経路によって伝送できる帯域が異なるので、受信者のネットワーク上の位置によって、受信できるストリームの帯域が異なる。各受信者が、受信できる帯域にあった分だけのストリームを受信する手法として、階層化マルチキャストがある。しかし、階層化マルチキャストを用いた従来の手法は、受信者が1つのストリームを受信するという前提があり、あるストリームを視聴しながら別のストリームを記録するというような、2つ以上のストリームを同時に受信する場合は想定されていない。

本論文では、従来の階層化マルチキャストを拡張し、各受信者が複数のストリームを同時に受信する場合における、ストリームの受信帯域の制御方式を提案する。各受信者は、映像や音声を高品質で再現したいストリームの順に優先順位を設定する。ある受信者が受信している複数のストリームが、あるリンクにおいて、同時にパケットロスやパケットの遅延を起こした場合、その受信者は、優先順位の低いストリームの帯域を減らす。これによって、その受信者にとって、優先順位が上位であるストリームほど、高い品質の映像や音声を再現できるようにし、その受信者の要求を満たす。

複数の受信者がそれぞれ別のストリームを受信していて、それらのストリームが、あるリンクにおいて、同時にパケットロスやパケットの遅延を起こした場合、それらのストリームを受信している受信者同士が優先順位や受信帯域の情報を交換しあう。交換した情報にしたがって、それぞれの受信者が高品質の映像や音声を視聴できるように、ストリームの帯域を調節する。その上で各受信者において、優先順位の高いストリームをより高品質で再現できることを目指す。

提案した手法を実装し、実験した結果、各受信者の要求に合った帯域が得られることが確認された。


学位論文のページに戻る