内容梗概
[English | 論文 | 美濃研の研究 | 美濃研究室 ]


撮影対象の運動履歴に基づく固定ショット切り替え式撮影法


映像メディアが計算機上で容易に扱えるようになりつつある。映像獲得の自動化を図るため、複数カメラを用いた計算機による映像の獲得、アーカイブ化の研究が提案されている。アーカイブ化された映像は、その後、要約、編集など様々な場所、状況で利用されるため、人間にとって見やすく質の良い映像である必要がある。人間にとって見やすい映像の評価基準として、映像のぶれによる視覚心理に関する評価、構図の達成というショット内設定に関する評価、および、ショット切り替え前後の構図の差によるショット間設定に関する評価が挙げられる。これらの評価基準は視覚心理が最も下位、ショット間設定が最も上位となる階層構造を成し、上位の評価を充足するためには下位の評価が充足されていることが必要である。本研究では最下位階層の評価要素を悪化させる映像のぶれを排除するため、固定ショット切り替え式撮影を採用する。固定ショット切り替え式撮影においては、あるパン・チルト・ズームカメラの映像が出力として選択されている間、そのカメラは固定されていなければならない。一方、複数あるカメラのうち、それ以外のカメラについては向きを変更してもよいため、カメラ切り替えの前にあらかじめ制御し向きを変えておくことが重要となる。

どのカメラをいつ動かすべきかは対象がどのように動くかに依存するため、我々は、映像獲得のための映像評価基準を定式化し、さらにあらかじめ獲得した対象ごとの運動傾向を利用することで、実際の撮影前に撮影ルールを自動生成する方法を提案する。事前に撮影ルールを生成しておくことで実際の撮影時に必要な処理を簡単にできる。

本研究では事前に獲得した対象の運動履歴をもとにグラフ構造を作成し、このグラフを用いて、カメラ切り替え時に、出力として選択するカメラが常に向きを変更済みであり、かつ、出力映像が常に全ての映像評価基準を満たすような撮影ルールを生成する。実験により提案手法の有効性について確認した。


学位論文のページに戻る