内容梗概
[English | 論文 | 美濃研の研究 | 美濃研究室 ]


任意姿勢の人体点群データからの表面再構成


レーザーレンジファインダ等で獲得される任意姿勢の人体形状の点群データから表面を再構成する手法を提案する.本手法では点群データから姿勢を推定し,胸部・上腕などの体節ごとに表面を作成する.まず,点群データに対して全体を覆うようなボリュームデータを構築する.このボリュームデータに対して,円筒などの幾何形状の組み合わせで構築された人体モデルをマッチングすることで人体の姿勢を推定する.その後,もとの点群データを用いてマッチング結果を調整する.この結果を利用して点群データを体節ごとに分類する.二次元ドロネー網を用いて分類した体節ごとに表面を構成し,それらを組み合わせることによって人体の表面を再構成する.実験では,シミュレーションデータに対して姿勢を推定できることを示した.また点群を分類することによって妥当な表面を再構成できることを示した.また,実際の計測データに対しても表面を再構成することができた.


学位論文のページに戻る