内容梗概
[English | 論文 | 美濃研の研究 | 美濃研究室 ]


地図メタファに基づく生活情報の構造化


ユーザがインターネット等から獲得してきた生活情報を, 地図メタファにより場所を基準として管理・保存することを提案する.地図メタファはユーザが場所を同定するためのメタファであり, ユーザは,獲得した生活情報を,地図メタファ上の対応すると考える場所に関連づけて保存することができる. また,数多く保存された生活情報の効率的な管理の実現のため, ユーザにより保存された生活情報を,関連づけられた場所間の地理的な関係性に基づいて階層的に構造化し, その構造化を反映した地図メタファの提示を実現する. このように,場所に基づく生活情報の管理をユーザの利用の仕方を反映した形で行うことで,生活情報の効率的な管理を実現する. 実験により, ユーザの利用の仕方に応じた生活情報の構造化及びそれに基づく地図メタファの提示が実現されていること,そしてそれによる情報閲覧の効率性の向上について確認した.


学位論文のページに戻る