内容梗概
[English | 論文 | 美濃研の研究 | 美濃研究室 ]


対話的に獲得される事例に基づく行為者指向の顔メディア変換


ネットワークコミュニケーションなどにおいて表情情報を送信する際に、匿名 性を保ちたい場合や、通信容量などに制限がある場合、実表情画像ではなくア バタ表情画像を送信することが考えられる。 この際、アバタの表情を人物の表情によって制御できれば、通常と同様の形態 でコミュニケーションをとることができる。このとき、人物の表情画像からア バタ表情画像への変換が必要である。

円滑なコミュニケーションを支援するためには、表情をとる人物(行為者)が意 図する通りにアバタの表情を制御できることが望ましい。 そこで、本研究では、行為者の表情と、アバタの表情との対応関係に関する行為 者自身の主観を反映した、実表情画像からアバタ表情画像への変換を実現するこ とを目指す。このために、実表情画像とアバタ表情画像の対応関係の事例を行為 者とのインタラクションによって獲得し、これらの事例を変換に利用する。 変換が行為者の意図どおりに行われない場合は、事例を逐次的に追加していくこ とによって変換精度を向上させていく。


学位論文のページに戻る