サステイナブル漁業に向けたデータ指向型リアルタイム解析基盤の開発

資源保護と経済性とを両立させたサステイナブル漁業に向け,漁業活動において取得される海洋気象や水産に関する多様なビッグデータを人工知能技術によって分析して,漁業者や自治体などに提供する技術を開発します.具体的には,ビッグデータから,高精度な海の天気予報を行う技術,良い漁場を見つけ出す技術を開発し,そこで得られた情報を利用者に提供するサステイナブル漁業に向けたイノベーションを創発します.

プロジェクトページ

海況パターンを用いた漁場推定

パターン認識技術を新たな分野–漁業–に適用することを目的として,海水温図から良漁場を推定する問題を,
海水温パターンのクラスタリングによる良漁場クラスタ検出や,回帰によって解く手法について研究しています.

学習型インペインティングとオプティカルフローによる海水温画像の欠損修復

人工衛星で撮影される海水温画像は雲で一部が隠されている場合があり,雲で隠されている箇所の海水温は観測することができません.
この問題に対し,過去の海水温画像データベースと直前の数日の海水温画像を手がかりに雲で隠されている箇所の海水温を推定する技術を研究しています.