物体の存在しない状況で撮影された背景画像を手がかりに,
対象画像中から侵入物が写っている領域を抽出するアルゴリズムを募集します.
侵入物が何色をしているのかわかりませんし,
背景画像を撮影したときと対象画像を撮影したときで照明環境が異なるかもしれません.

本コンテストではアルゴリズムの完璧さや複雑さよりも,若手研究者や学生の素朴なアイデアを評価します.
参加者には参加賞,入賞者には賞品の贈呈と表彰を行います.
皆様の独創的なアイデアをお待ちしております.

主催: 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ
パターン認識・メディア理解(PRMU)研究専門委員会
協賛: 原総合知的通信システム基金,NTT,東芝
豊田中央研究所,富士通,三菱電機 (順不同)

実行委員長: 村瀬 洋(名古屋大学)
実行委員: 角所 考(京都大学)
(順不同) 飯山 将晃(京都大学)
中村 裕一(京都大学)
佐藤 洋一(東京大学)
目加田 慶人(中京大学)
黄瀬 浩一(大阪府立大学)
内田 誠一(九州大学)
大町 真一郎(東北大学)
加藤 武男(豊田中央研究所)
神原 誠之(奈良先端科学技術大学院大学)
来海 雅俊(オムロン)
工藤 峰一(北海道大学)
角 保志(産業技術総合研究所)
関 真規人(三菱電機)
仙田 修司(NEC)
直井 聡(富士通研究所)
前田 英作(NTT)
増田 健(産業技術総合研究所)
山口 修(東芝)
協力者: 舩冨 卓哉(京都大学)
丸谷 宜史(京都大学)
豊浦 正広(京都大学)